SHOP NEWSショップニュース

2022/05/15 Sun.

香川旅行記 女子旅 2泊3日

こんにちは

京王観光 吉祥寺店スタッフです😊

 

そろそろ全国的に梅雨シーズンになってきましたね…😢

 

4月のブログにも紹介のあった

春休みに小学生の娘と日本で一番小さい県「香川」に行ってまいりました!

 

なかなか海外に行くことができずマイレージが消化できないことから

「JALどこかにマイル」を使い当たった先が香川県でした。

 

高松空港は県のど真ん中の山合いに位置しているので丸亀や高松、琴平などへの

空港バスが充実しており、

1日目:空港バス→高松→フェリーで小豆島へ1泊

2日目:高速艇で→高松へ、琴電🚃に乗り→金比羅山(琴平)

という行程を実行してみました✨

 

公共交通機関を駆使して旅行をすることがあまりないので

すごく下調べをして出発しました💦

 

小豆島へはフェリーで約60分、高速艇だと約35分のアクセスで

往路は娘のために小豆島が舞台のアニメ「からかい上手の髙木さん」の

ラッピングフェリーを利用しました🎵

画像

船内はいたるところに髙木さんのキャラクターが描かれています!

 

小豆島の土庄港に近づくと港近くの「かどやのごま油」工場からごま油のよい香りがしてきます。

港のお土産センターには「髙木さん」オリジナルごま油も販売しています(笑)

 

小豆島での宿泊は有名な✨エンジェルロード✨の目の前に立つ「小豆島観光ホテル🏢」

画像

客室は全てオーシャンビューでお部屋からエンジェルロードをご覧いただけます!

 

夜はホテルのライトアップで潮の満ち引きを気にしたりなかなか窓から離れられません(笑)

老舗のホテルなので外観は渋めですが、無料のコーヒー&ライブラリーコーナーには

「髙木さん」のマンガが並んでいて娘は入り浸りでした🎵

 

翌朝の送迎バスから高速艇への乗り継ぎがギリギリなことを申し伝えると、

フロントの外国人スタッフの方が素早くドライバーさんにお伝えしてくれて

スムーズに高速艇乗り場へ向かうことができました!

ホスピタリティも申し分ないです😊

 

高松港から琴平行の琴電「高松築港駅」までは徒歩約5分、

高松城跡に並行するように電車のホームがあるので電車を待ちながらお堀を眺められます🏰

画像

約1時間のローカル線を楽しみ、終点の琴電琴平駅に到着。

 

2日目のお宿は金比羅山の参道にも徒歩約5分ほどの大型旅館「琴参閣」に宿泊です。

 

昼過ぎに一旦お宿に荷物を置きに立ち寄り、

フロントスタッフさんにホテル裏手のうどん工場直売所のイートインを紹介してもらいました!

かけうどん小170円~と丸亀市の「うどん街道」のような価格帯でコシがあり美味💘

翌日もチェックアウト後に再訪しました(笑)

 

金比羅山参拝については最初はお宿で杖をお借りするつもりでいましたが

あいにくの雨のため傘🌂が手放せずそのままスタート、

健脚の母娘の足ですと御本宮までは往復1時間20分ほどで参道まで戻ってこれました♪

 

参道のお店エリアも御本宮までの785段の石段に含まれ、所々に○○段と看板があるので

自分で数える必要はありません(笑)

イメージとしては江の島の仲見世のようです。

 

無料の酒造見学所もあり、博物館のような造りになっているので

お酒がお好きな方でなくとも楽しめます😀

画像

 

最終日は再び参道へ、石段22段目にある「海の科学館」に立ち寄りました。

入場料を払い、館内へ……「え!いいの!?」というくらいに海や船に関する無料のDVDや

本を無料でいただくことができます。

館内は船の歴史など充実した展示があり学びがあります。

 

そして特記すべきは3階から屋上まで体験施設(有料)があることです!

ラジコン船や操船シミュレーター、特に屋上の「動くブリッジ」はドアをしっかりと閉めて

実際に自分で操縦し船を運転している感覚が味わえます。

画像

窓の外には満開の桜のもと、前日訪れた石段と御本宮を見渡すことができました✨

お子様はきっと楽しめる穴場なので、来館の際は100円玉💰をたくさん両替して

お持ちくださいね!

 

いかがでしたでしょうか?

 

出発前は小豆島はレンタサイクルなどと色々悩みましたが

エンジェルロードで磯遊びをしたかったので今回はゆったり過ごすことを目的としました。

小豆島は漁業が中心のため、マリンスポーツはあまり盛んではないとのこと、

澄んだビーチは島のあちこちにあるので

暖かい時期には思い思いにお気に入りのビーチを見つけるのもいいかもしれません。

 

前述の「小豆島国際ホテル」では釣りセットのレンタルもあるようです。

 

 

長々とお付き合いいただきありがとうございます😊

 

今後とも京王観光をどうぞよろしくお願いいたします!

 

  • SHARE
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
pagetop
FaceBook Instagram LINE
サイトのご利用にあたって・個人情報保護方針 サイトマップ お問い合わせ 京王グループ